ポマリスト®カプセル ポマリストを服用される患者さん・ご家族の皆さま

文字サイズ

ホーム > ポマリストについて > 治療開始にあたって

治療開始にあたって

ポマリスト治療が対象となる方

すでに何らかの治療を受けたことのある患者さんで、これらの治療が難しかった、あるいは多発性骨髄腫が再発し、治療が必要な方が対象となります。
この治療を行うには、医師の確認が必要です。

ポマリスト治療が受けられない方

以下の患者さんはポマリスト治療を受けることができません。

  • ・妊婦、妊娠している可能性のある女性
  • ・ポマリストの適正管理手順(レブメイト参照)を守れない方
  • ・ポマリストの成分にアレルギーのある方

ポマリスト治療に際して注意が必要な方

ポマリスト治療により、副作用があらわれやすかったり、その程度が強くなるなどの危険性があるため、以下の患者さんはポマリストの選択や治療を慎重に行わなければなりません。

  • 深部静脈血栓症しんぶじょうみゃくけっせんしょうを起こしやすい方(血栓ができやすいなど)
  • ・造血の機能が著しく低下している方
  • ・高齢の方
  • ・サリドマイド、またはレナリドミドを服用した時に重篤じゅうとくな過敏症(発疹ほっしんなど)が出た方
  • ・腎臓の機能が低下している方
  • ・肝臓の機能が低下している方

ページトップ